県TOPへ戻る

佐賀県立名護屋城博物館

※無断転載を禁じます。

施設のホームページを見る

収蔵品一覧に戻る

朝鮮国礼曹俘虜刷還諭告文

万歴45(光海君9・元和3・1617)年5月日付 掛幅2幅装 各101.7×66.1cm 江戸時代初期に来日した回答兼刷還使が持参した諭告文。文禄・慶長の役に際して日本国内に連行された人々へ帰国するよう呼びかけている。慶長12(1607)年に1200人余りの人々が帰国したときの処遇を記し、帰国者には前例にならって特典を与えると述べている。礼曹とは朝鮮国にて外交や祭祀を担当した機関のこと。

ページ上部に戻る