県TOPへ戻る

佐賀城本丸歴史館

※無断転載を禁じます。

施設のホームページを見る

収蔵品一覧に戻る

陣内松齢
《直正公嗣子淳一郎君種痘之図》

長崎在住の佐賀藩医・楢林宗建が牛痘接種に成功したのをうけて、佐賀藩10代藩主鍋島直正は世継ぎの淳一郎(のちの11代藩主鍋島直大)に、種痘を行った。この絵は嘉永2年(1849)8月、直正の侍医の大石良英が佐賀城本丸で実施した種痘の様子を描いた考証復元図。

ページ上部に戻る